得意科目を集中的に勉強させた岩田(仮名)さんの体験談

勉強とは、広く浅くか、深く狭くか。
私が子供に中学受験を促した際、真っ先に取り組んだテーマでした。
やはり、中学受験のキーワードでもある算数含め全教科を満遍なく学ばせるか、得意の国語を集中的に勉強させるか。
出した結論は、深く狭く、でした。
子供もその提案を快諾し、とにかく国語で勝負することから中学受験の準備を始めたのです。
なお、通塾は小学校5年生から、志望校の偏差値は50台後半程度でした。が、その学校の入試は、国語の難易度に定評がありました。
もちろん、得意科目でアドバンテージを取るための策でした。
そして、結果は大成功でした。それは、国語の成績アップという点だけではありません。
成績がどんどん伸びていくという喜びが、勉強そのものへの意欲を増大させ、結果として算数を始めとする他教科への取り組みにも効果をもたらしたということです。
今でも、中学受験そのものより、勉強それ自体へ興味を抱かせられたことを誇りに思ってます。