中学受験をさせてから子供が学校の勉強に興味を持つようになった桑原(仮名)さんの体験談

中学受験をさせるか考えていたときに、子供の興味のありそうな学校へ見学に行ったところこういう学校に通ってみたいとのことだったので小学校4年生の頃から塾で勉強させるようにしました。最初が中学受験の問題になれたり勉強したりすること自体がたいへんそうでしたが、わからないところは熱心に先生が授業以外でも教えてくれたため、できるようになることに自信がついたようです。塾では同じように中学受験を志す別の学校の生徒にも会うことができ、模試では全国レベルで他の志願者と争うことになるのでどうやって勉強すればいいのか考えるようになりました。また、学校で教わる勉強がすべての基礎であることを話し聞かせていたので、今までよりももっと集中して勉強に取り組むようになりました。中学受験の問題は解き方は複雑ですが、すべての基本は普段の授業から学ぶものなので、どんな場においても学ぶという姿勢を忘れないようにさせることが大事だと感じました。